格安SIMで節約

携帯料金を安くする方法をご紹介!あなたの携帯料金はなぜ高い?確認すべき見直しポイント!

更新日:

この記事では「携帯料金を安くする方法」について解説しています。

大手キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)でスマホを契約している方は、毎月7,000円以上払っている方も多いのではないでしょうか。

スマホの利用頻度にもよりますが「電話・LINE・メール・ネット検索」といった目的であれば、スマホ代は2,000円以内に収まるんですよね。

高い携帯料金にうんざりしている方は、ぜひこの記事を読み進めてみてください。

きっとあなたの携帯料金は安くなります。

関連記事>>大手キャリアが高すぎる理由を解説!大手3キャリアを契約するメリットはないのか?!

【その1】携帯料金を安くする方法!格安SIMへの乗り換え

1つ目の携帯料金を安くする方法は「格安SIMへの乗り換え」です。

近年は、格安SIMサービスが台頭してきたこともあり、携帯キャリアは「選び放題」という状態になっています。

大手キャリアに固執して、機種変更するのが1番もったいないです。

関連記事>>機種変更と乗り換えの違いとは?!どちらがお得なのか徹底解説!

格安SIM(MVNO)とは、簡単に言うと、大手3大キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)よりも割安で通信サービスを利用できる商品のことです。

サービスを提供しているのはMVNO(仮想移動体通信事業者)で、品質や通信速度は大手キャリアよりやや劣る面もありますが、通信費が低価格なのが何よりの魅力です。

格安SIMに乗り換えれば、携帯料金が980円~2,980円の間に収まります。

ここから先はなぜ格安SIMにすると携帯料金が安くなるのか、その仕組みについて解説していきます。

なぜ格安SIMは安いのか

格安SIMの安さの秘密は「通信回線」に隠されています。

格安SIMは通信設備を大手キャリアから借りているので「開発費」がほとんどかからないんですよね。

また、格安SIMの契約方法は「WEBサイトからの受付がメイン」というのも大きく関係しています。

大手キャリアは全国に多数の実店舗を構えますが、格安SIMはWEBからの契約がメインです。

つまり「店舗運営費」「人件費」がほとんどかからないという訳です。

関連記事>>格安SIMの疑問や問題点を徹底解説!不安に感じるポイントをまとめてご紹介!

格安SIMに乗り換えると具体的にいくら安くなるのか

結論から言うと、格安SIMに乗り換えればあなたの携帯料金は3,000円~5,000円安くなります。

内訳はこんな感じです↓↓

「乗り換え前の携帯料金」

大手3キャリアの1人あたりの平均額は約8,000円

「乗り換え後の携帯料金」

格安SIM月額は1人あたり2,980円

「安くなった金額」

8,000円-2,980円=5,000円以上お得!

ただ、選ぶキャリアによって、月額基本料・オプション内容は変わってくるので、乗り換え前に自分にマッチした格安SIMをリサーチしておきましょう。

格安SIMの通話料金について

格安SIMの通話料金は30秒/21円が基本ですが、キャリアが用意している「通話オプション」を付けることでいくらでも安くできます。

  • 5分以内かけ放題
  • 10分以内かけ放題
  • 24時間完全かけ放題
  • 60分~180分の無料通話

通話オプションの内容はキャリアによって様々です。

あなたの通話状況に応じた通話オプションを選びましょう。

通話料金が安い格安SIMと言えば「Y!mobile」もしくは「UQモバイル」の両キャリアです。

Y!mobileではどの料金プラン選んだとしても「10分以内かけ放題」の通話オプションが無料で付属してきます。

UQモバイルの場合は5分以内のかけ放題、60分~180分の無料通話が付属してきます。

携帯料金の中でも通話料金が高くて困っている方は、ぜひY!mobileかUQモバイルをご検討ください。

>>Y!mobile公式サイトへ

>>UQモバイルサイトへ

格安SIMサービスの通信速度について

格安SIMは大手キャリアと同等の通信速度が出るのですが回線混雑時に速度が落ちる場合があります。

とはいっても、ネット検索やSNSの利用であれば全く問題ありません。

通信速度が落ちるのは、あくまで回線混雑時なので、それ以外の時間帯は高速通信です。

「通信速度はいかなる時間帯でも高速通信じゃなきゃ絶対に嫌!」

という方は通信速度が速い格安SIMを選びましょう。

通信速度が速いおすすめ格安SIM

>>UQモバイル

>>Y!mobile

格安SIMを安く契約する方法・安く使う方法

格安SIMへはWEBサイトからのお申し込みがおすすめです。

WEBサイトからのお申し込みは、店舗契約にはない様々なメリットや恩恵があります。

  • 待ち時間ゼロ
  • 事務手数料無料
  • キャッシュバックがもらえる

上記のようなメリットは店舗契約にはありません。

格安SIMへのお申し込みはインターネット経由(WEBサイト)から必ずお申し込みしましょう。

関連記事>>格安SIMへWEBサイトから申込む3つのメリット!お得に乗り換える方法について解説!

また、乗り換え後も今使っているスマホを引き続き利用すれば、携帯料金は更に安くなります。

ただし、その際は「SIMロック解除」の手続きが必要な場合がありますので注意してください。

とは言ってもSIMロック解除はインターネット上から簡単に行えます。

【その2】携帯料金を安くする方法!契約内容の見直し

2つ目の携帯料金を安くする方法は「プランの見直し」です。

今使っているキャリアに愛着があり、「どうしても乗り換えたくない」という方は、今の契約状況を見直すだけで携帯料金が安くなるかもしれません。

乗り換えることで逆に高くなってしまう方もいるので、今あなたが契約しているスマホの料金プランを見直す作業はとても大切です。

料金プラン・加入オプションを見直す

まず始めに行って欲しいことは料金プランの見直しです。

料金プランを適切に選ぶだけで、携帯料金は大幅に安くなる可能性があります。

中でも、「通話プラン」「データプラン」に注目してください。

この2つは携帯料金の主要部分なので、自分に合ったプランを選べていないと、必然的に料金が高くなります。

例えば、毎月3GB程度しか使っていないのに、7GBのプランで契約しているとかですね。

これを正すだけで、2,000円くらい変わるのでバカになりません。

料金プランの確認・変更はインターネット上から確認行えます。

料金プランの変更方法

docomoユーザーの方はMy docomoから変更可能。

auユーザーの方はMy auから変更可能。

ソフトバンクユーザーの方はMy softbankから変更可能。

通話料金を安くする方法

携帯料金を安くするには通話代金を抑えることが重要です。

もし高額な通話代金によって携帯料金が高くなっているのであれば話は簡単です。

通話料金は自分に合った通話オプションを適切に選べば安くできます。

長電話が多い方は必ず「かけ放題プラン」を付けましょう。

1回あたりの通話時間が短い方は「10分以内かけ放題or5分以内かけ放題」の通話オプションを付けましょう。

無料通話アプリを利用する方法

スマホ同士の通話代で毎月の携帯料金が高くなっている方は無料通話アプリ」を有効活用しましょう。

無料通話アプリから電話をかければ、24時間通話料無料で話せます。

既にご存知かもしれませんが、LINE(ライン)・Skype(スカイプ)などですね。

利用している方も多く、通話品質もそこまで悪くないので、安心して利用できる無料通話アプリです。

ただし、LINEやSkypeといった無料通話アプリは、パケット通信量は消費されるので気を付けてくださいね。

通話半額アプリを利用する方法

会社や実家などの固定電話へは無料通話アプリは使えません。

したがって、スマホから固定電話へ長時間電話をかけると携帯料金は必然的に高くなります。

そこでおすすめなのが、「通話半額アプリ」の利用です。

通話半額アプリの良いところは「番号をそのまま相手に通知できる」という点です。

通話回線も電話回線を利用しているので、普通の電話と同じクオリティーで通話ができます。

無料通話アプリのように「相手が同じアプリをインストールしていなければ利用できない」といった心配もありません。

おすすめの通話料半額アプリは楽天でんわ/楽天モバイルです。

楽天電話から電話をかけると、30秒/20円→30秒/10円と半額になります。

初期費用や月額基本料も一切かからず、自分が使った分だけ払えばいいシステムになっているので、スマホにインストールしておいて損はありません。

不要なオプションやコンテンツは必ず外す

携帯料金が高い理由として見落としがちなのが、有料オプション・有料コンテンツの存在です。

全く利用しない有料オプション・有料コンテンツは必ず解約しましょう。

1つ1つの金額は対した額ではありませんが、複数加入しているとかなりの金額になります。

有料オプション・有料コンテンツの外し方↓↓

ドコモユーザーの方

auユーザーの方

  • ネットから外す場合はMy auから
  • auの携帯電話から157(無料)
  • 一般電話から0077-7-111

ソフトバンクユーザーの方

不要な物を全て外せば携帯料金が安くなるかもしれません。

携帯料金を安くする方法まとめ

ここまで携帯料金を安くする方法について解説してきました。

最後にポイントを振り返ります。

  1. 料金プラン・有料オプションの見直し
  2. 通話オプションの見直し
  3. 格安SIMサービスへの乗り換え

流れとしては、1.2を確認して、改善点があれば改善する。ダメそうなら思い切って格安SIMへ乗り換えるのがベストだと思います!

おすすめの格安SIMサービスをご紹介

ここまで記事を読み進めてくださりありがとうございます。

最後に、携帯料金を安くしたい方におすすの格安SIMをご紹介します。是非ご参考にして頂ければ幸いです。

第1位 UQモバイル 

UQモバイルは「格安スマホ通信速度満足度NO.1」に選ばれた実績があります。通信速度に定評があるコストパフォーマンスが高いキャリアです。月額料金は1980円~。通信回線はauに準拠しています。

第2位 Y!mobile 

Y!モバイルはソフトバンクの「サブキャリア」という立ち位置です。そのため、通信回線はソフトバンクに準拠しています。その他の特徴としては、通話料金が安い点です。かけ放題プランの「スーパー誰とでも定額」を利用すれば24時間かけ放題になります。

第3位 mineo(マイネオ) 



mineo(マイネオ)はドコモ・au・ソフトバンク全ての回線に対応しているマルチキャリアです。mineo(マイネオ)の特徴は、総合的にバランスが取れている点です。「2018年格安SIM顧客満足度」第1位を獲得した実績もあります。かけ放題プランもあるので通話料金も安く利用できます。

-格安SIMで節約

Copyright© UQモバイルキャッシュバック|キャンペーン情報局 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.