初めての格安SIM

機種変更と乗り換えの違いとは?!どちらがお得なのか徹底解説!

更新日:

この記事では「機種変更と乗り換えの違い」「どちらがお得なのか」といった件について解説していきます。

昨今のスマホ契約は、どう動けば1番お得なのか非常にわかりずらいですよね。

スマホの契約パターン

  • 大手キャリア→大手キャリアへ乗り換え(MNP)
  • キャリア変更せずに機種変更
  • 大手キャリア→格安SIMキャリアへ乗り換え(MNP)
  • 大手キャリアを解約→大手キャリアを新規契約

上記のように契約パターンは多種多様です。

1つ言えることは、よくわかっていない状態でスマホを契約すると2年間高額な料金を払い続ける恐れがあるということ。

ですので、スマホ代を安くしたいのであれば「機種変更のメリット・デメリット」「乗り換えのメリット・デメリット」は必ず把握しておきましょう。

これから更新月を迎える方は、ぜひこの記事を参考にしてください!

機種変更と乗り換えの違いとは?!

お得にスマホ契約するために「機種変更」「乗り換え(MNP)」の違いをまずはしっかりと把握していきましょう。

違いをまとめると以下のようになります↓↓

 機種変更乗り換え(MNP)
電話番号そのまま引き継げるそのまま引き継げる
Eメールアドレス(キャリアメール)そのまま引き継げる引き継げない
キャリアポイントそのまま引き継げる引き継げない
手続きに要する時間30分から60分(WEBから手続きした場合)30分から60分(WEBから手続きした場合)
手続き費用0円~3,000円2,000円~5,000円
端末代金定価定価or割引適用後の価格(一括0円もあり)
月額料金今までと同じ月額料金割引やキャリの施策内容によって変化

ここからさらに深堀して見ていきましょう。

機種変更について

機種変更は、今あなたが契約しているキャリアは変更せずに、端末だけ変更することを言います。

変わるのはあくまで端末だけで、今まで使っていた「電話番号」「Eメールアドレス」はそのまま引き継げます。

機種変更の例

ドコモ→ドコモ

iPhone7→iPhoneX

機種変更のメリット

  • 手続きが簡単
  • Eメールアドレスや支払い方法を設定する必要がない
  • ポイントが貯まっている場合は利用できる

機種変更は「MNP予約番号の取得」「SIMロック解除」などを行う必要がないので、手続きが乗り換えよりも楽だと言えます。

機種変更の場合、新しい端末の操作方法さえマスターしてしまえば、後は今まで通り使うことができます。

また、「Eメールアドレス」「支払い方法」もこれまでと変わらない点もメリットです。

ただし、料金に関しては乗り換えよりも高くなる傾向にあるので、その点は考慮しなくてはならないポイントです。

機種変更のデメリット

  • 月額料金が高い
  • 端末代金が高い
  • 割引施策が適用されない

機種変更のデメリットは「料金が高い」という点です。

乗り換えの場合は「割引」や「端末代金一括0円」といった恩恵を受けられますが、機種変更の場合は料金関係の割引サービスが一切適用されません。

つまり、正規の値段で基本料金・端末代金(定価)を支払うというわけです。

関連記事>>大手キャリアが高すぎる理由を解説!大手3キャリアを契約するメリットはないのか?!

乗り換えについて

乗り換えは、キャリアそのものを変更することを言います。

乗り換えも機種変更と同様、電話番号を引き継ぐことはできますが、キャリアが発行した「Eメールアドレス(キャリアメール)」は引き継げません。

乗り換えの例

ドコモ→au

iPhone7→iPhoneX(格安SIMに乗り換える場合は端末をそのまま使うことが可能)

ちなみにですが、乗り換えの場合、今まで使っていた端末をそのまま使うことができます。

キャリアが欠けているロックを解除(SIMロック解除)すれば利用できます。

ただし、契約する格安SIMキャリアによって、利用可能な端末は変わってくるので、あなたがこれから契約するキャリアの「対応端末」は調べておきましょう。

対応端末は各キャリアの公式サイトからご確認いただけます。

乗り換え(MNP)のメリット

乗り換えのメリットは以下の通りです。

  • キャッシュバックがもらえる
  • 端末代金が安い
  • 毎月の料金が安くなる

中でも、キャッシュバックや端末代金関連の施策はかなりお得です。

キャッシュバックは、契約する場所によって数万円もらえる場合もあります!

キャッシュバックの例↓↓(てるてるランド西葛西店のTwitterより抜粋)


また、乗り換えと同時に新しいスマホを購入する場合は、機種変更よりも安く購入できます。

例えば、ドコモでiphone8を購入する場合は「端末購入サポート」が適用されるので、機種変更の方よりも1万円以上安く購入できます。

これはあくまで一例であり、その他のキャリア(au・ソフトバン・格安SIMサービス)も、乗り換えユーザーは端末が安く変えるような施策・キャンペーンが用意されています。

スマホの契約は、時期によって値段が変動しますが、場合によっては5万円以上する端末が一括0円で購入できることもあります。

各キャリアによって、割引金額は変わってきますので、欲しい端末がある場合は割引額に注目して決めるのもありです。

スマホ端末が安いおすすめ格安SIM

乗り換え(MNP)のデメリット

乗り換えのデメリット

  • 機種変更よりも手間がかかる
  • 機種変更よりも手続きが手数料が高い

乗り換えのデメリットは「手続きに手間がかかる」という点です。

例えば、以下のような作業や準備を行う必要があります。

乗り換え前に行う作業

  • MNP予約番号の取得
  • SIMロック解除
  • 利用開始設定

始めて乗り換え手続きを行う方が、上記の作業を全て1人で行うのは中々大変です。

ただ、乗り換えの手順は、公式サイトで詳しくわかりやすく説明してくれているので、そこまで臆する必要はありません。

気になるキャリアがある場合は、ぜひ公式サイトを覗いてみてください。

機種変更と乗り換えはどちらの方がお得??

結論としては、スマホ代を安くしたいなら乗り換え(MNP)た方が断然お得です。

前述したように、乗り換え(MNP)の場合は、キャリアの割引施策が受けられるからです。

キャッシュバックがもらえたり、端末代金が一括0円で購入できたりですね。

また、「格安SIM」に乗り換えることで、今まで以上にスマホ代を安くすることが可能になりました。

大手キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)から格安SIMに乗り換えれば、スマホ代は半額以下になります。

格安SIMとは、大手3大キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)よりも、割安で通信サービスを利用できるSIMカードのことです。

サービスを提供しているのはMVNO(仮想移動体通信事業者)で、品質や通信速度は大手キャリアよりやや劣る面もありますが、通信費が低価格なのが何よりの魅力です。

関連記事>>格安SIMの疑問や問題点を徹底解説!不安に感じるポイントをまとめてご紹介!

今まで使っていたスマホ(旧端末)はどーなるの??

機種変更もしくは乗り換えを行う際、「今まで使用していた自分の端末はどうすればいいのか」と迷う方も多いのではないでしょうか。

使い道は沢山あるので、有効利用しましょう。

  • wifi環境下のみで使う「SIMフリー端末」として利用する
  • 中古ショップで売却する
  • 下取りに出す

今まで使っていた自分のスマホに愛着がある方は、「サブスマホ」として所持しておくのがおすすめです。

売却・下取りに出さずに手元に残しておけば、万が一スマホが「故障」「紛失」した時の予備端末として利用することができます。

まだ割賦金が残っている状態で新しくスマホを購入するとなると、毎月2台分のスマホ代を払うことになります。

そうした事態を避けるためにも、予備端末を持っておいて損はありません。

下取りの場合は、基本料金が割引かれるので「月額料金を安くしたい」方におすすめの方法です。

「とにかく現金が欲しい」という方は「中古ショップで売却するのもありです。

スマートフォンは高額商品なので、例え型落ち機種だとしても、数万円以上の値が付くことが多いです。

スマートフォン専門買取【携帯王】

大手キャリアから格安SIMサービスにお得に乗り換える方法

ここまで、機種変更と乗り換えの違いや、メリットデメリットについて解説してきました。

まとめると、

機種変更=手間がかからないので機種だけサクッと変えたい人におすすめ。

乗り換え(MNP)=手続きに時間・手間がかかるが、月額料金・端末代金は圧倒的に安い。

となります。

機種変更と乗り換えは、契約タイプが全く異なるので、よく吟味してから最高の契約をしましょう!

-初めての格安SIM

Copyright© UQモバイルキャッシュバック|キャンペーン情報局 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.